ズベズダティーガーⅠ初期型詳細報告(ビミョー・・・・)

IMG_0638.jpg

写真では解りにくいですが、側面に盛大なヒケがあります、リューターで荒れを作るにしても一旦フェンダーの座金を削り取り、滑らかに削り直して座金を付け直す必要がありますね・・・・。
後は、滅茶苦茶装備品をぶら下げるとか、クルスクで見られた鉄条網を付けるとか、丸太をつけて隠すとか・・・。

IMG_0642.jpg

ボッシュの刻印があると前評判だったライト前面。
スリットが広すぎます、6個の周囲のボルトもありません。アカデミーのは修正可能ですがこれは無理。

IMG_0639.jpg

このライト基部はダメでしょう・・・・。
昔のアカデミーのインテリア初期型並の酷さ、削り飛ばしてそうですねえ・・・タミヤの4号戦車装備品セット2個とか、ドラゴンで運良く余りパーツがあれば流用出来ますけど・・・。

IMG_0640.jpg

中央後ろのモールドはまあ、良い感じ。燃料注入口の蓋のモールドが小さいかなあ・・・・、まあ、許せるか・・・。

IMG_0641.jpg

この転輪は良いですね、最近のモデラーさんが大好きな刻印入りです、微妙な溶接跡もあります。
最近のパステル塗れのモデリングでは意味ないと思うんですけど、転輪の細部表現。

IMG_0647.jpg

ダメでしょこれ、使えません。タミヤかドラゴンのパーツ調達して下さい。

IMG_0643.jpg

砲塔のディスクチャージャー、アンコ入り。これは良いね、2箇所のスリットもあるし。
私はタミヤにスリットをナイフワークで入れますが、こういう細部工作というのは手先の器用さもありますからね、苦手な人には有り難い。タスカで出てますけどね、このパーツは。

IMG_0644.jpg

この一体成形、怒るぞ(怒)
穴を開口してスリット入れて下さい、全5個。水筒もダメだね、砲塔インテリアで見え難いからドーでも良いですけど。

IMG_0645.jpg

えー、このワイアー、「サイズが4号戦車用の小ささです(怒)」
ドラゴンやタミヤは確かに微妙にオーバースケールではあります、しかし、このズレっぷりは誤差の範囲を超えて
います。ワイアー本体も細すぎます。
良くワイアーは重戦車用は1mmで・・・と言われますが、実車は32mmですから0.9mmが正解。0.1mmなんて変わらないと思うでしょ?ところが違って見えるんだなー。
戦の太さというのは影の付き方と相まって結構微妙な差でも解りますよ。私は今は0.8mmの水糸しか在庫してませんが、それよりちょっと太めの糸を在庫していた事があります、これを使っていた時はホントに雰囲気出てました。1mmは太いと感じます。
んで、これは明らかに誤差を超えてます、ダメ。

IMG_0646.jpg

小ワイアーは逆に細さが幸してますが、エンド部分がいい加減過ぎます。総取替え。

IMG_0656.jpg

キャタはグニャグニャ系。接着塗装出来るか不明。できなかったらアウトです。
良く見ると接着部分の表のモールドが甘くなってまして、イタレリ式の2箇所接着ですから、必ず露出部分が出ます。泥埋めして誤魔化すしかありませんね。エッジの薄さ自体は良くて、この点はタミヤのベルトを凌ぎます。
ただ、タミヤのベルトは加工してエッジをシャープに出来ますけどね。
センターガイドの穴はありませんが、凹モールドされてまして多少は良いかな?
グニャグニャ系ですから、お湯で曲がりを修正するには物凄く気を使うと思います、運良く曲がりが無くて、接着塗装できる材質であれば、まあ、使えない事は無いとは思いますが・・・・。

IMG_0653.jpg

ヤバソウだったキューポラのスリット。
うーん、実車は、ドラゴンとかタミヤと、このズベズダの中間位かなあ・・・。許せない訳ではない。

IMG_0654.jpg


砲塔側面。
ドラゴン並のモールド情報はあります。でも、この程度の情報なら、タミヤに手を入れても大して苦労はないんだよね・・・。表面は荒れてますが、ここにはヒケはないので、テクスチャーを付ければ使えると思います。
防盾のボルト、小さいよなあ・・・テクスチャー無いのはまあ良いけど・・・・そういえば、ドラゴンの防盾余ってたよな、それに交換するかあ・・・・。

IMG_0655.jpg

クリアパーツも付いてます。

あ、写真忘れましたけど、砲塔天板に予備履帯のフックが一体成形されてまして、そこに刻印も入ってます、当然、極小のフックはありませんがね。


結論。

「うーん、タミヤの初期型に手を入れるときのパーツ取り用かなあ、砲塔インテリアもあるし・・・・何より安いし。」

初期型なので、まだドイツ軍が攻勢する時もありました、だから怪しい所に装備品をゴテゴテ積み込んでアラを隠して、キャタピラは何とかして泥を定着させて誤魔化す、最近流行の派手な汚しで目くらまし。
なんていう製作法もありです。

頑張って下さい。

私は諦めます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

どうも
近所のなべです
お久しぶりです
この前はお祝いのメール
ありがとうございました
しかしズベズダ
やってくれますね
なかなかの地雷キットですね
イタレリよりはましかなとおもいますが
細部の駄目かところと車体の豪快なヒケは
おんなじです。
ぜひぜひリアルに完成させて
"勇者"になってください。


無理です無理無理(笑)

俺ー、もー、苦労は背負い込みたくないっす。
シュリンクパックですからねー・・・・・仕方ないですね。
2992円ですから、まー、パチンコカード一枚分と思えば・・・・。
女房と出かけた時に予約引取りにいったんですけど、これ買わなかったら、同じビルにある「はしや」のウニ明太スパとコーヒー二人で食えた訳で・・・・・。
そう考えると腹立ってきますね、T90の評判が良かったから、最近のズベズダは大丈夫だろうとタカを括ってました。

転輪と砲塔(防盾除く)、砲塔インテリアは使えると思います。
てことはタミヤに使うしか無い訳で・・・・、それでもエッチングは要る。
だったらドラゴンの3in1を調達した方が良い訳で・・・・。

維持でも元取ろうと思うと、自作と調整の嵐で地獄を見る。
やっぱり、

「積み物で誤魔化す」

しか手が無いような気がします。
後、

「側面に貫通されまくったクラッシュ車輌」

とか・・・・。
プロフィール

しげしげ61

Author:しげしげ61
ニシオボンZというバンドでギターとヴォーカルやってます。
音楽の他には模型と釣りが趣味。
妻と男の子二人、遊び好きのパパ(笑)

月別アーカイブ
訪問者
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
リンク